1/18
 

day in the life session

家族の一日を追いかけるドキュメンタリーフォト

小さな子供たちとのあっと言う間に過ぎていく毎日。片付けたかと思ったら3分でまた散らかり放題。喧嘩は日常茶飯事。子供って突然大声で叫んだり、呆れた行動ばかりするから、怒るのにも疲れてヘトヘトになってしまいます。

でも、お昼寝している時の寝顔は本当に可愛い。少し前まで甘えてたさんだったけど、最近はママにプレゼントくれるようになって、成長を感じさせてくれる。そして、夫婦二人だけの時にはなかった、喜びを与えてくれる。

 

そんな家族での生活を、ちょっと違う目線で写真として残してみませんか? アメリカで報道カメラマンとしても活躍していたフォトグラファーが、ドキュメンタリーとして一日を写真に残します。

What is it?

日本で家族の写真撮影を一番依頼する時といえば七五三の時期。

10月~11月のシーズンは毎日のように撮影のご依頼を頂いています。

あとは、お宮参りや誕生日など。

やっぱり、プロカメラマンに頼むんだったら、特別な行事の時って考えますよね。

 

でも、なんでもない一日を写真に残すのってどうだろう?

お庭で子供達で遊んでいたり、気がついたら妹のおもちゃを奪って喧嘩していたり、

一緒にお買い物にでかけたり、寝る前の毎日の歯ブラシのお手伝い。

 

当たり前のように過ぎていく毎日だけど、5年後、10年後に改めてその時の写真見返してみると、

 

「この時、こうしてた」


「そうそう、いつもああだった」

子供達が大人になった時に家族みんなで振り返るのは

特別じゃない日の普通のこういうひとときなんだろうな。

 

そんな風に考えが思いが浮かびました。

 

そして始めたのが、家族を一日密着取材して追いかけて、その様子をドキュメンタリーとして写真に残すスタイルです。

Day in the Life Session の作品集のギャラリーです

sample gallery

 
064.jpg
058.jpg
022.jpg
044.jpg
Mx031.jpg

session price

 

撮影料金について

​【One Moment】

¥50,000

約3時間のミニ・ドキュメンタリー撮影。
お友達との誕生日会のひとときだったり、家族で家と近くの公園で過ごすいつもの一日だったり、そんな一日の数時間を写真に残します。

撮影開始のタイミングはお子さんが起きた所からや、お昼に学校から帰ってきてからなど、ご相談承ります。

・データUSBでの全ての写真の納品 

・音楽付きスライドショーの制作

​・20ページの薄型カジュアルアルバム

 もしくは A4サイズの木製パネル付き

【One Day】

¥80,000 

約10~12時間、お子さん達が起きてから夜までのご家族の一日を追いかける、ドキュメンタリー撮影です。

 

​何か特別な一日でのご依頼もありますが、いつもの日曜日や、家族皆さんでご旅行へ行かれた先での撮影もオススメです♪​

 

・データUSBでの全ての写真の納品 

・音楽付きスライドショーの制作

・20ページの薄型カジュアルアルバム付き

​(オプションでフォーマルタイプのアルバムに変更出来ます)

撮影オプション

【フォトアルバム】

 

写真はプリントとして残してこそ、ずっと残る物になります。10年後に見返して見たい、フォトアルバムも製作してみませんか?

 

思い出に残したい写真の枚数によって、20, 40, 60ページからお選びいただけます。プリント入りのケース付きです。

20ページ:30,000円

40ページ:36,000

60ページ:42,000

【木製パネル】

軽くてシンプルな木製パネルの写真プリント。玄関に立てかけたり、リビングの壁に飾ったり、ご自宅のどんな場所にも合うシンプルで、それでいて木のぬくもりも感じられる仕上がりです。

 

サイズは沢山並べて飾れるコンパクトな 130 x 180mm  か、少し大きな 200 x 250mm からお選びいただけます。

small:  7,000円

middle:8,000円

【交通費について】

全国各地への出張しています。交通費は東京・吉祥寺からでお問い合わせをいただけましたらお見積りいたします。

遠方の場合は以下の遠方出張料金が別途に発生します。

片道一時間以上 ¥5,000

​片道一時間半時間以上 ¥10,000

032.jpg

Questions & Answers 

 

Q & A 

Q: どんな日に撮るべき?

 

A: いつもの毎日の、ちょっとした出来事も、子供達が成長した時に思い返すと、かけがえのないひとときだったりします。 Day in the Life Session の一番の目的は、そんなとある一日を写真に残しておく事。どんな日も撮影にはオススメ。 

 

でも、ちょっと少し特別な一日として残したいのであれば、妹ちゃんの誕生日夏休み最初の日や最後の日お祖母ちゃんが遊びに来てくれる日長女の大事な試合の日家族で海に旅行へ、などなどな形でのご依頼もありました。

Q: 七五三や普通の家族写真と何が違うの?

 

A: 通常の家族写真と違い、Day in the Life Session は完全なドキュメンタリーフォトとしてお撮りいたします。そのため、基本的には「こっちを向いて!」のようなお声がけや、どのようにポーズして欲しいかのお声がけを一切行いません。 こちらから何かの指示をしてしまうと、子供達は「次に何をしたらいいの?」とカメラマンに期待をしてしまい、いつもの日常を見せてくれなくなります。

 

日本のテレビで「ドキュメンタリー」とうたっている番組だってみんな、ヤラセや指示があるって聞きますよね。実際、それで問題になっていますし。カメラマンの藤田はアメリカで長年報道カメラマンとして活動していました。その経験から、厳格な撮影ルールを設けています。

Q: 家族みんなでの集合写真も撮ってくれるの?

 

A: Yes & No.  One Day 撮影の中で一度はどこかのタイミングで、家族全員が揃った状態での写真はお撮りします。ただ、七五三やフォーマル撮影のように、ばっちりと目線ありでの形としての写真ではありません。皆さんでちょっとお話していたり、遠くを見つめてたり、そんな何かの瞬間的な形とはなります。

Q: 子供が風邪をひいたり、調子が悪い場合は?

 

A: 写真には元気なお子さんの姿を残すべきですよね。前日の夜までにご相談いただけましたら、別日へのスケジュール変更も、キャンセル料金無しで承ります。

Q: 撮影日当日が雨だった場合は?

 

A: 外で元気いっぱい走り回っている様子は勿論、素敵ですよね。でも、梅雨の季節だったら雨の日のほうがその時期らしい写真は残せるかも。ほぼ一日家の中で過ごした一日でも、素敵な写真を残す事が出来ました。

Q: 我が子はけっこう人見知りするので心配です。

 

A: 今まで Day in the Life Session を一年半に渡り、約10件ほど撮影させて頂きました。撮影が終わるとお子さん達は皆さん「いつ戻ってくるの? また来週も遊びに来て欲しいな」と言って

頂けるので、私もちょっと寂しい思いをしながら家を後にしています。

 

最初は人見知りしているお子さんでも、時間をかけて接していく事で段々と心を開いてくれるようで様子。ですので、お子さん達が目を覚ます朝早めの時間(例えば6時半や7時半)から撮影スタートするように心がけています。

 

ご希望があれば、撮影本番の少し前や前日にご自宅にお伺いして、少しだけ事前にお話させて頂く機会もお作りしています。

Select-004.jpg

session samples

music slideshows

 

埼玉県久喜市での一日

ハワイ・ホノルルのファミリーと

町田市の三兄弟と

bozphoto & styles は東京を拠点に結婚式撮影・前撮り・フォトウェディング・ファミリーフォト撮影を手がける写真事務所です。

 - our location -

〒168-0082

東京都杉並区久我山

京王井の頭 三鷹台駅から徒歩5分です。吉祥寺から二駅、都会の雑踏から離れた、少し静かで緑の綺麗な場所で佇んでいます♪

 - contact -

空き状況についてや撮影プランの詳細など、お気軽にお問い合わせください。

© bozphoto&styles