里山で過ごしたコロナ禍の思い出 - day in the life session in 横浜


ドラえもんで思い出す場所と言えば、土管のある空き地の次に思い出すのが学校の裏山。

練馬区に住んでいるはずなのに、ちょっとしたミステリーも感じさせてくれる大自然が近所に残っている事に、テレビを見ながらうらやましがった事を覚えています。


そんな学校の裏山、横浜に本当にありました♪


撮影のご依頼を頂いたのは横浜市のとある郊外にお住まいのご夫婦。

7年前には結婚式撮影も担当させて頂いたお二人です。


その後もbozphoto & styles の写真は定期的にチェックしていたそうですが、

数年前から私達がはじめた、家族ドキュメンタリーの撮影にご興味をもっていただきました。


緊急事態宣言で小学校も保育園も全てお休みとなり、 Stay Home が当たり前となった 2020年の春。

公園でさえ遊具の使用禁止になりましたが、

そんなコロナ禍でも二人の子供達がのびのびと過ごす事が出来たのは、近所にあった里山のおかげ。


そんな里山もそのうち、再開発で無くなってしまうかもしれません。

子供達が小さい頃沢山過ごしたあの里山での思い出。

それを写真に残しておこうと思い、撮影のご依頼を頂きました。