屋外での家族写真ってどの時間に撮るべき?



七五三やお宮参りなど、特別な日とは別に、「いつもの日常」な時での写真撮影もオススメしている bozphoto & styles


撮影のご依頼を頂く際、多く頂くご質問としては、一日のうちどの時間帯が撮影でベストか? という事です。



【夕暮れのゴールデンアワーがオススメ】

ゴールデンアワーと聞くと、ちょとビアガーデンのビール半額タイムぽく聞こえますねw

でも、時間的には同じ頃かもしれません。


日没の一時間前くらいで、太陽の光が一日で一番綺麗になる時間帯です。

8月、9月で言うと4時半から5時頃にかけてですかね。


色が輝いていて、そらの色もその名の通り黄金色になり、

その光が照らされる子供達のお顔もとっても温かみが出てきます。

東京って昼間は太陽がでていても、夕方頃に急に曇り出す事も多いですよね。

それでも、ゴールデンアワーは雲からの木漏れ日も綺麗ですし、

なんといっても涼しくなってきて、ちょっと心地良いです。

【夕暮れ時間での注意点】


ひとつだけ。

土日でご依頼を頂いている場合、お昼間はあまりガッツリと遊んで疲れないようにだけ気をつけて。


一日お出かけって場合だったら、なるべく午前中か、午後の早めの時間に遊んでもらい、

撮影前に一度休憩、もしくはお昼寝をはさんでもらうのもアリだとは思います。




【ゴールデンアワーでの撮影が難しい場合】

ご家族のご都合だったり、ご予約いただいてる日の夕方が雨だったりで、夕方での撮影が難しい場合は?


そんな時は、朝の時間帯をオススメいたします。

https://www.bozfamily.com/post/morninglite

こちらのブログ記事でご紹介しているのが、杉並区にある善福寺公園で、朝7時頃にお会いして撮影したファミリーフォト。


夏場の暑い時期はこのくらい早い時間帯ですと、まだ暑さが無くて過ごしやすいです。


朝の早い時間帯が苦手という方は、9時か10時くらいまでのスタートで。

これからの季節でしたら、その時間帯でもそれほど暑くはなっていないかも。

そして、太陽が余り真上に上がってきていないので、光的にはまだ良いです。

お昼過ぎ、真っ昼間は真上から太陽の光が入ってくるので、撮影時間的には一番NGな時間帯。

せっかく晴れているけど、敢えて日陰で撮影するようにしています。

そのほうが変な影がお顔に入りません。





さて、最初の一枚からご紹介しているのは、

8月始め、ご家族が良く来られる河川敷で撮影させていただいた夕陽での家族写真。


新居を建てたばかりで、リビングの壁に大きく子供達の「今」の姿を飾りたくて、その写真を残そうとのご依頼を頂きました。


訪れたのは赤羽駅からそんなに遠くない場所にある、荒川赤羽桜堤緑地。


ここは春にはると桜並木と、斜面一面に広がる芝桜のダブルピンクがとっても綺麗な場所だそう。


緑も綺麗だったけど、春にまた訪れてみたいと思いました♪





夏ですからね。

セミの抜け殻集めは男の子の遊びの定番ですね。


この日だけで20個くらい拾い集めたお兄ちゃん。

さて、これだけ集めたの、どうやって持って帰るのかな?

虫がとっても苦手だったママも、男の子二人を育てていて、免疫がついたそうw





最後までブログを読んで頂いてありがとうございます。


bozphoto & styles は吉祥寺を拠点に全国各地へ出張している撮影している小さな写真事務所です。 ウェディングから始まり、お子さんが誕生して、ニューボーンフォトや家族での記念写真など、長いお付き合いをさせてさせていただいております。


もし撮影プランにご興味ありましたら、下のロゴをクリックして、ホームページをチェックしてくださいね。